ネタ

ヤバイTシャツ屋さんの「ハッピーウェディング前ソング」が中毒性ある

最近音楽を聴かなくなったのは僕だけでしょうか

昔はビビッとくるアーティストや曲が結構あっていろいろと聴いていたんだけどねえ

マキシマムザホルモンとかよくきいてた

しかし、久しぶりにビビッとくるバンドに出会ってしまった

そう、タイトルにもある通り「ヤバイTシャツ屋さん」である

とは言っても、「ハッピーウェディング前ソング」という曲しかまだ聴いてないのだが

ヤバイTシャツ屋さん とは

ヤバイTシャツ屋さん(ヤバイティーシャツやさん)は、日本のスリーピースロックバンドである。略称はヤバT(ヤバティー)。

メンバー

こやまたくや(ボーカル・ギター)
しばたありぼぼ(ボーカル・ベース)
もりもりもと(ドラムス・コーラス)

面白Tシャツを販売する団体ではなかった!

どうやらバンド名は、ボーカルのこまやたくやが大学時代に、先輩が発した「今度、ヤバイTシャツ屋さん行きまぁーす」の言葉の語感が良く「これをバンド名にしバンドを組みたい」と思ったことに由来するらしい

昔は、ももクロのコピーバンドとして活動もしてたとか

ハッピーウェディング前ソング

そして、僕が今回押すヤバTの曲が「ハッピーウェディング前ソング」だ

この曲を知ったきっかけは、同棲している彼女がこの曲の踊ってみた動画をずっと見ていて、洗脳されてしまったからだ

「冒頭の歌詞とかなんて言ってるかわからんし、韓国語の歌」って思っていたが、何度も聞いているうちに

「あれ?なかなか良い曲じゃない!?!?ん!?!?」となってしまった

曲中のほとんどが男と女がずっと歌っているのが良い!

なんか最初は、ハモリがミスマッチっぽいなぁとか思ってたけど、2度3度と聴くと耳が慣れてきて心地良くなってくる

デュエットソングをイマドキ風にした感じだ

もしかしてカノンコード使ってる?

あとこの曲、サビが非常に聴いてて、耳なじみがあるというか、とてもしっくりくるのである

初めて聴く曲なのにとてもリズムに乗りやすいのだ

「ん?もしかしてカノンコード使ってる???」

カノンコードとは?

ヨハン・パッヘルベルのカノンで出てくるコード進行

基本コード:| C | G | Am | Em | F | C | F | G |

Aから始まる場合:| A | E | F#m | C#m | D | A | D | E |

悪魔のコードとも呼ばれており、このコードを使ったアーティストは、ヒット曲が生まれやすいが、その曲しか覚えてもらえず、一発屋で終わる可能性が高いと噂されている

例えば、KANの「愛は勝つ」とか・・・・

KANの曲、他に知ってますか???

そういうことです

そしてこの「ハッピーウェディング前ソング」のサビのコードは

| A | E | F#m | C#m | D | A | B | E |

おおおおおおお!!!!

なんとほとんどカノンコードが使われていたのだ!

だからなんかノリ易いサビだったのか

どうでもいいかもしれないが、僕の大好きな曲デジモンの「Butter-Fly」にもカノンコードが使われている

この曲に感銘を受けたので僕も「ノリで入籍してみようと思う